一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

ブログ・お知らせ

歯を失った時に無くなった場所に新たに歯を入れることを行いますが、最近インプラントを選択される方が増えてきています。 私はまず、インプラントありきではなく、各種入れ方のメリット、デメリットは説明するようにしています。最終的 […]

新しく仲間に入る人、新たな道へ歩みを進める人。 ひらい歯科クリニックの歓送迎会が行われました。 歯科衛生士の新村美紀さんの加入、そして4年間勤めた野原衡平先生の卒業です。 笑顔の素敵な新村さん。入社して間がないのですが、 […]

歯の神経を取ると歯自体は外からの刺激を感じなくなるので、痛むこともありません。 その結果、何か不具合があっても、歯自体からは痛いという信号は送られてくることはありません。 虫歯は進んでいき、詰め物や被せものが外れて初めて […]

神経を取らないでいいように予防するのが大切ですが、それでも痛みを止めるため、歯として機能させるためには歯の神経を取ることになります。   神経を取った歯はいろいろなことが起こりやすいのですが、 ⑴一つは根っこの […]

年齢と共に歯の形は変わっていきます。10代の人と40代の人、70代の人では歯の形は違います。 ではどこが違うのでしょうか? 大きな違いは歯の先の形状が平らになってきています。糸切り歯で比べればわかりやすいのですが、出てき […]

こんにちは! ひらい歯科クリニック 歯科医師の 林です 今回も前回に引き続き、 ケアグッズを紹介していきます。 今回は、歯間ブラシです。 歯間ブラシは、歯と歯のすき間が広い場合に用いるケアグッズです。 また、ブリッジとよ […]

こんにちは! ひらい歯科クリニック 歯科医師の 林です 今回は、歯ブラシと合わせて使うとよい、ケアグッズを紹介します デンタルフロス フロスは、歯と歯の間につまった汚れをとるための細い糸です。 糸巻きタイプと、 柄のつい […]

こんにちは!小倉北区 片野 歯科医師の野原です。 今日は歯の神経の役割についてお話しします。   1、歯の感覚  甘いもの、冷たいものや熱いものを感じとります。むし歯になると歯に穴が空いたりして、刺激が神経に届きやすくな […]

同じ場所に詰めた金属が頻繁に外れてくることがありませんか? どうしてここばかり詰め物が外れるの?、接着剤がよく付いていないの?などと言われることもあります。 何年か前の話ですが、右下の奥歯の詰め物の金属がよく外れてくる患 […]

歯科の治療で使う金属はいろいろとありますが、保険の金属について、最近週刊誌で取り上げられているようです。 お口の中に入れておくものですから、それなりに耐久性が必要であり、ものを噛むという強度も必要です。 「保険の金属は良 […]

3 / 1512345...10...最後 »