一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

虫歯じゃない!酸蝕歯

こんにちは!

 北九州市小倉北区 片野新町 の歯科 ひらい歯科クリニック です(#^^#)

 

今回は酸蝕歯(さんしょくし)”についてのお話をします(^◇^)

 

昔、「コーラばっかり飲んでると歯が溶けるよ!」と親に叱られたことはないでしょうか?

偏った飲食は体に良くないので、コーラばっかり飲んでしまうのも健康に良くないのですが、コーラばっかり飲んでいると歯は本当に溶けてしまうのでしょうか?

コーラには、酸味料というものが含まれていて、お口の中にこの酸味料がずっといると、カルシウムの一種で出来ている歯は酸味料の中の酸と化学反応を起こし、分解されて溶けてしまうのです。

ずっとコーラばかり飲んでいると、お口の中がずっと酸性の状態になり、歯とコーラの中に含まれる酸が反応して溶けてしまうんですね( ゚Д゚)

 では、コーラを飲んだら歯が溶けるのか?

コーラを飲んだだけで歯が溶けるわけではありません。

ずっと飲み続けるというところがこのお話のポイントで、お口の中がコーラを飲むと酸性になりますが、その状態をなるべく長くしない、歯に酸を長時間触れさせないようにすればコーラを飲んでも構わないのです。ただし、お砂糖もたくさん入っているので、たくさん飲んでいいわけではありませんよ(笑)

 

歯が酸にずっと触れている状態とは、酸味料の入った飲料をちょびちょびずーっと飲み続ける状態です。もしも、コーラが飲みたいなと思ったら爽快にぐっと飲み干す方が、歯に酸が接触する時間が短くなり酸蝕歯になるリスクが下がります。

では、酸蝕歯についてより詳しく説明します

酸蝕歯とは、酸が主な原因で歯が溶けてしまうことを言います。

虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされているのではなく、食べ物や飲み物の中に含まれている酸によって溶かされてしまった歯です。

 

歯の表面は硬いエナメル質という組織で覆われています

歯の表面部分のエナメル質というところは骨よりも硬く、体の中で1番硬いところです。

そんな硬いエナメル質にも強敵がいます。それは、酸です。

酸と聞いたらまず真っ先に思いつくのが、レモンや梅干しなどのすっぱいものではないでしょうか。

 

実は、普段皆さんが口にしている食事や飲料の中にも酸は存在しています。

食事や飲み物を飲むと、含まれている酸や胃酸が歯の表面であるエナメル質に触れて、一時的に柔らかくなるため歯に含まれているミネラルが失われていきます。

この状態をお口の中が酸性になっていると言います。

 

“じゃあ、食事の後や飲み物を飲んだ後にすぐに歯磨きをすればミネラルは失われないんじゃないかな?”

そう思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

飲食後に一時的に柔らかくなった状態の歯に歯ブラシをすると、エナメル質が削れてそれが繰り返されることにより将来的には歯が薄くなってしまうのです。

また、お口の中が酸性の状態で歯ぎしりや食いしばりを行っても嚙む面のエナメル質が削れて歯が短くなっていってしまいます。

 

酸蝕歯になると、次のような症状が出てきます。

□ 歯が薄くなり黄色っぽく見える

□ 歯が透けて見える

□ 歯の表面に小さいへこみがある

□ 歯に艶がなくなっている

□ 歯の角が丸くなっている

□ 詰め物や被せ物が取れやすい

□ 冷たい物や熱い物を、飲んだり食べたりしたときにしみる

心当たりがあるなと思われた方は、一度歯医者さんで診てもらうことをお勧めします

小倉北区 歯科 の ひらい歯科クリニックでは、お口の中の健診も行っています

 

続いては、酸蝕歯にならないための予防方法をお話していきます。

項目に当てはまった方は、これ以上酸蝕歯が進まないようにするための対策にもなります!

 

  • 飲食後30分は歯磨きを控える
    エナメル質が削れるのを防ぐため、飲食後30分は歯磨きを控えましょう。
  • ダラダラ食べない

お口の中に飲食物が長くとどまっていれば、歯は酸の影響を受けてしまいます。ダラダラと食べることは控えましょう。

 

  • スポーツの前や後、寝る前には酸性度の高い飲食を控える
    スポーツ中や睡眠中は、唾液の量が少なくなるためお口の中の酸が中和されにくくなります。酸性度の強い食品や飲料を摂取することは控えた方がよいでしょう。
  • お口の中の酸性を中和させる

酸を早く中和させるために、食事の最中や食べ終わった後には緑茶や水を飲んだりうがいをしたりすると良いでしょう。

また、キシリトールガムなどの成分分析表に糖類0g表示とされているガムを噛むことも有効です。ガムを噛むことによって唾液の量が増やすことができ、唾液の働きでお口の中を中和させることができます。

唾液にはミネラルが含まれているので、一時的に柔らかくなった歯を再度硬くする効果(再石灰化)を期待することができます。

  • 歯質を強くする製品を利用する
    主にフッ素やリカルデントとよばれるものを含む製品は、歯の質を強くすること(再石灰化)を期待することができます。これらを含む歯磨き剤などを使って歯質を強化するとよいです。

酸蝕歯になると、自然に元に戻すことはできません。

また、そのままの状態を放っておくと歯の神経が損傷したり、噛み合わせに問題が出てくる恐れがあります。

少しでも酸蝕歯の疑いがある方は早めの受診をお願いいたします。

北九州市小倉北区 片野新町 キッズルームがある歯科 ひらい歯科クリニックでした(#^^#)