一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

歯科の治療費

こんにちは

北九州市 小倉北区の歯科 ひらい歯科クリニックです

 

さて、今回は歯医者さんで治療をした時に保険を使った治療と、使わない治療があることをご存知ない患者様や、何故保険を使わない治療があるのかご存知ではない方のためにお話をしたいと思います。

ご自身のお口の健康を守っていくためには、ぜひ患者さんには知っていていただきたいお話です。

 

歯科に限らず、病院に行くと、医療保険が使える治療とそうでないものがあります。

 

日本の医療制度は、国民のほぼ全員が加入し、国民の誰もがいつでも病院にかかれるということで「国民皆保険制度」と言われています。これは世界的にみてもとてもすぐれた制度で、その恩恵によって、日本人の平均寿命が長くなり、世界的に見ても長寿国となっているのです。

 

歯科の分野においても、この制度が作られた昭和30~40年ごろに、虫歯の治療を多くの患者さんが安価な費用で、最低限の痛みを止める【治療】が受けられるようになりました。さらに、歯の神経を抜く、歯を抜く、入れ歯を作るといった【治療】も、すべて保険内で受けられます。

 

しかし現代においては、歯を守って、長く使っていくためには、虫歯を削ることや歯周病で歯を抜くことよりも、「虫歯や歯周病にならないように予防すること」の方が重要視されています。ところが、こういった予防処置のほとんどは、健康保険の適応外になっているのが現状です。

 

歯科保険制度の中心をなすのは、

・歯を削って詰めること

・痛くなったら神経を抜くこと

・悪くなった歯を抜いて入れ歯を作ること

などであり、これらが“治療と呼ばれています。しかし、少し掘り下げて考えてみると、ここまでに【治療】と記したことは、実は「真の意味での治療行為ではない」と言えます。

 

治療であるならば、文字どおりに病気が治らなければいけませんが、歯を削って詰めても、隙間から虫歯が再発するようでは治ったことにはなりません。しかも、通常同じ歯を5回再【治療】すると歯の傷は大きくなり、その歯は抜かなくてはならなくなるそうです。

抜くとなったら、それは歯がなくなってしまうことなので、【治療】とはいいがたいですよね。

 

むし歯は削って取らないといけないけれど、歯を出来る限りご自身のお口の中で長く使っていただけるようにするには、削り過ぎてはいけません。虫歯の取り残しがないように『丁寧』に、歯を削り過ぎないように『慎重』に、虫歯が再発しないように『確実』に。こうした治療の実現には、虫歯1本に対しても本来とても時間と手間がかかるのです。

 

お口の健康にとって大切なのは、こうした時間の制約のない『丁寧』『慎重』『確実』といった治療を行うことで、初めて二度と再治療が必要な状況を起こさない健康状態を取り戻し、歯を長く持たせるこということです。

 

『保険と自費の違いは、治療する部位や詰めたり被せたりする材料の違いだけ』という誤った認識が蔓延しています。もちろん、材料や使用する機器などが違うことも事実ですが、それだけではなく、こうした『時間』の要素が実は大きなウエイトを占めているということを、ぜひ患者さんにも知っていただきたいと思います。

 

ここからは。もう少し具体的に保険制度についてお話をしていきます。

 

医療保険(国民健康保険や共済組合保険)を使って自己負担額を減額することが出来る治療を保険診療と、医療保険を使って自己負担額が減額できない(保険のきかない)治療を自由診療と呼びます。

小倉北区 お口の健康を考える歯科のひらい歯科クリニックでも、両方の診療を行っています

 

先ほどもお話ししましたが、歯科保険制度の中心をなすのは、

・歯を削って詰めること

・痛くなったら神経を抜くこと

・悪くなった歯を抜いて入れ歯を作ること

分かりやすく言うと、歯の形を戻す・痛みを無くすというというところですね。

 

次に、自由診療には下記のようなものがあげられます。

■病気のない人の検査や予防処置(フッ素塗布、虫歯菌の検査、歯のクリーニング、etc…)

■歯列矯正治療

■貴金属・セラミックのクラウン(かぶせる治療)、ブリッジ(つなげる治療)

■金属を多く使用した義歯

■インプラント

■美容的な治療(歯のクリーニング、ホワイトニングなど)

通常の虫歯治療などは保険診療に入りますが、虫歯や歯周病などの口内トラブルを防ぐ「予防歯科」の分野になると、基本的に保険がききません。また、審美歯科で扱う美容目的の治療でも、患者が治療費を全額自己負担することになります。

 

自費診療を「お金持ちがするもの」「エステなどの贅沢と同じ」と捉えている人もいるでしょう。しかし、実際は必ずしもそうとは言えません。医療では保険の適用範囲内でできることが限られているため、最善の治療法を考えると、自然と自費診療を選択する機会も増えてくるのです。

 

場合によっては、保険診療で歯医者に通うよりも自費診療のほうが安く済むこともあります。

 

同じ日に、「歯科医院で歯をキレイにしよう」と思ったA夫さんとB子さんがいるとしましょう。A夫さんは保険証を片手に近くの歯科医院へ、B子さんは自由診療のメニューが豊富な審美歯科へ出かけました。

A夫さんは診断の結果、歯周病治療の一環として歯石取りを行うことに。(※「予防歯科」の施術は保険がきかないため。)一方、B子さんはカウンセリングの結果、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)という歯のクリーニングを受けることになりました。

そして、施術終了後。B子さんの歯はクリーニングで茶渋や頑固な黄ばみも一発で落ち、見違えるほどキレイになりました。一方、A夫さんは1回の施術では見た目に大きな変化はなく、お会計の際に来週の予約を入れることに。結局、次の週も、また次の週も…と通い続けることになり(※)、歯石取りだけで2ヶ月間もかかってしまいました。

結果として、B子さんのクリーニングは自由診療で1回8,000円。A夫さんは1回あたりは保険診療で安かったものの、全8回の通院で10,000円以上の出費となりました。その上、茶渋汚れなどを落とすのは保険適用外なので、汚れが気になる部分も残ったままです。このように、保険診療ではできることが限られているため、必ずしも安上がりになるとは限りません。

※歯周病治療のため、経過を観察しなければならないのも理由の1つです。

 

保険診療では、治療に使える素材も限定的となります。一方、自費診療では詰め物・かぶせ物の素材を歯科医が選定し、患者の症例などに合わせて最適あるいは最新の素材を提案(ご説明)することが可能となります。それによって虫歯再発や歯周病のリスクを最小限に抑える効果が期待できて、お口の健康を長く保つことが可能となってきます。また、保険診療の内容は、「この治療は◯◯円」と公的機関によってあらかじめ値段が決められています。したがって、限られた時間と予算の中でできる範囲内でしか治療を行えない…なんてこともよくある話です。しかし、自費診療ではこうした制約がないため、十分な時間と最適な素材を使って、再治療の可能性をできる限り抑えた精度の高い治療ができます。

 

「できるだけ安く治療を受けたい」と思う気持ちも分かりますが、長い目で見るとそれが最善策とは言えないこともあります。一生涯付き合っていく大事な歯のことですから、小倉北区の歯医者さん ひらい歯科クリニックでは、じっくり患者さんのお話を伺い、安心して治療を受けていただけるようにお手伝いをしています。

些細なことでも構いませんので、ご相談ください。

 

また、小倉北区 お口の健康を考える歯科のひらい歯科クリニックでは、歯科で治療を受けられる際には、保険診療と自由診療の違いをご説明させていただいています。違いをご理解されたうえで、ご自身の健康に対する考え方、歯に対する考え方に基づき、将来ご自身がこの診療を選んで良かったと思われる診療を受けていただけるように、患者さんと治療を一緒に考えています。

 

小倉北区 安心して治療が受けられる歯科 ひらい歯科クリニックでした。