一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

失った歯を取り戻そう!

【インプラント治療】
こんにちは!北九州市小倉北区 片野新町のひらい歯科クリニックです

今回は、インプラントについてお話します!(^^)!

インプラントと聞いて、どんな治療なのかご存知の方ってどのくらいいらっしゃるのでしょうか?ひらい歯科クリニックでは、患者様とのお話をするカウンセリングの時間を設けています。患者さんの中には、「芸能人はみんなインプラントなんでしょ?」とか「歯並びが悪いと抜いてインプラントにしたら綺麗になるんだよね?」とおっしゃられる患者さん、「私インプラント入れてます」と言われていてレントゲンを撮ってみると、ご自身の歯の根っこは残っていて、被せ物が入っているだけでも患者さんはインプラントを入れていると思われている患者さんもいらっしゃいました。

インプラントという言葉は、今ではコマーシャルをされている歯科医院さんもあるので耳にする機会も増えたと思いますが、カウンセリングを行っていると、実際にどんなものなのかをご存知の患者様は少ないように見受けられます。
ですので、今回はインプラント治療がどんなものなのかを、ご紹介いたします。

インプラントはむし歯や歯周病、事故による歯の破折などで失ってしまった歯を、元のように咬めるよう歯を補うためのものです。神経を取ったからインプラントを入れるわけではありません。歯を失ってしまったけど、咬めるように歯を補うものです。
ここで、インプラントのお話の前に歯を失ってしまったところに歯を補う方法はインプラントだけではないこともお話しておきます。
例えば失った歯が1本で、両隣の歯が残っていたらブリッジという方法でも失った歯を補うことはできます。ブリッジは、その形状が橋(ブリッジ)のように両隣の歯に橋を架けて間の歯を補いますので、失った歯の隣に架ける歯が無ければブリッジを入れることは不可能です。ブリッジの他には、1本からでも補うことのできる入れ歯という方法もあります。
入れ歯というとご年配の方でたくさん歯がなくなってしまった方が入れるものというイメージを持たれている方が多いですが、1本からでも年齢も関係なく入れることが出来ます。

インプラント・ブリッジ・入れ歯には、それぞれメリット・デメリットがあります。

インプラントのメリットは自分の他の歯を削ることなく、失ったところに歯が入ること。元々あった自分の歯のように、しっかりものが咬めること、見た目が天然歯と変わらず入れることデメリットは保険適用の治療ではないため費用が高価であること。あごの骨にインプラントを打つので手術が必要というところ。ブリッジのメリットは保険も使うことができること。デメリットは橋を架ける歯を削ってつなげるので、削られて、橋の土台になっている歯が悪くなりやすくなること。将来的にまた歯を失う可能性が高くなること。入れ歯のメリットは、両隣の歯を削るのは金具を引っ掛けるところだけで済むこと(金具のない入れ歯であれば削らなくて済みます)、保険を使うことが出来ること。デメリットは取り外し式のためくっつきやすい物、硬い物などは入れ歯が外れたり、ずれたりして食べにくいこと。歯茎が痩せたり太ったりすると当たって痛くなること。金具が見えるところは入れ歯を入れていることが分かること。
この3つの歯を補う方法は、患者さんによって、メリット・デメリットの大きさは違ってきます。もし、費用を考えず、歯科での治療も怖くない、あごの骨もしっかりしているという方であれば、インプラントは一番元の歯の状態に近くて、他の歯への影響が無く歯を入れることが出来ます。

インプラント治療は、保険外の自費治療と言われるものになりますが、ご自身の生活スタイルや見た目、お食事をするときの使いやすさなどから、近年ではインプラント治療をされる方も増えてきました。北九州市 小倉北区 片野新町の ひらい歯科クリニックでも毎月インプラント治療を行っています。

ひらい歯科クリニックでのインプラント治療は、まず安全にインプラントを埋めるために、CTであごの骨の状態を詳しく調べます(当医院で撮影出来ます)。安全にインプラントを埋めることが確認出来たら、インプラントの手術日を決めてインプラントを埋入します。手術は、埋入する本数にもよりますが、最初の口腔内の清掃や、麻酔も含めて1時間半程です。
インプラントを埋入したら、顎の骨とインプラントがくっつくのを待ちます(3カ月か~6カ月)。あごの骨とインプラントがしっかりとくっついたのが確認出来たら、アバットメントと呼ばれる歯の支柱になるものと取り付けて歯の形になる上部構造の型取りをします。上部構造が2週間くらいで完成し、取り付けたら治療は終わりです。

インプラントはチタンという金属で出来ているため、むし歯にはなりませんが、ご自身の天然歯と一緒で、顎の骨にくっついて立っています。顎の骨を溶かしてしまう歯周病には、歯の周りのお掃除をきちんと行っていないとかかってしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。

失った歯を入れる際には、歯科医師・歯科衛生士・トリートメントコーディネーターなどに、ご自身の生活スタイルや、お仕事、この先の健康に対するご希望などをしっかりとご相談されたうえで決められることとをお勧めします。

北九州市 小倉北区 片野新町のひらい歯科クリニックでは、インプラント治療も行っています。また、ブリッジでも削った歯がまた悪くなりにくいような素材や、入れ歯でも金具のない入れ歯の治療なども行っています。
ひらい歯科クリニックでは、患者さんが納得してこれからもご自身の健康が守られていくように、しっかりとカウンセリングを行ったうえで治療をすることを心がけておりますので、お口のことで気になることがございましたら、ぜひご相談ください。

ひらい歯科クリニックでは、患者さんがいつまでも健康に美味しくお食事が出来ることを、目指して、治療や予防を行っています。