一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

虫歯菌・歯周病菌を減らす治療

3DS治療という歯科治療をご存知でしょうか。

虫歯と歯周病を防ぐ

2000年に開発された治療法で、毎日の歯磨きでは除去できない細菌をより効果的に減らすための薬剤を使用した治療です。

歯医者に行くのは虫歯や歯周病になってからではなく、予防するために通院するのが良いとされていますが、唾液検査などで口腔内の細菌が多めと診断されたり、唾液の分泌が少ない人などには効果的な治療法といえます。

一度罹患してしまうと細菌を減らすのは難しいとされている歯周病菌の除去に効果的とされている治療法です。

 

■3DS治療とは

 

3DS治療とは、Dental Drug Delivery System(デンタルドラッグデリバリーシステム)と呼ばれる治療で、薬を使用して歯の表面に付着している虫歯菌や歯周病菌などの細菌を除菌するし予防します。

個人のマウスピースを作製し、そのトレーに薬を塗布したものを、1日決められた時間を1週間ほど装着して除菌します。

 

歯科衛生士による歯のクリーニング治療、家での正しいケア(歯磨き)、そして3DS治療法の3つの治療法を併用することによって、より効果的に虫歯や歯周病を予防することができます。

また、悪玉菌の繁殖や行動を抑制するだけではなく、定着も抑えてくれるので、長期に渡り有効な点も大きなメリットです。

 

■口腔内にいる細菌とは

 

虫歯や歯周病の原因は、毎日の歯磨きで取り切れなかった歯垢や歯石に付着している細菌です。口腔内には必要な細菌も存在していますが、虫歯菌や歯周病菌の多くは歯や歯茎に付着するため、3DSの場合は、狙いを定めて除菌できます。

 

■3DS治療の流れ

 

薬の効果を高めるために、歯科衛生士によるPMTCで歯石や歯垢を取り除く治療をはじめに行う場合もあります。

 

1.口腔内検査

口腔内の状態を診察します。虫歯や歯周病のリスク、また現在の口腔内での虫歯や歯周病の治療などもします。

2.唾液検査

唾液を検査することで、口腔内の細菌の数やバランスなどを調べます。

3.虫歯・歯周病の治療

まずは細菌の数を減らすために、歯周病に罹患している場合は治療します。

4.歯科衛生士によるプロフェッショナルクリーニング

専用の機械と薬剤を使った歯科衛生士によるクリーニングで、自分では取り切れない歯垢、歯磨きでは取ることのできない歯石を除去します。

5.トレーの作製

歯型を採って、オリジナルのマウスピースを作製します。

6.薬剤の塗布

歯や歯茎についている細菌を除菌するための薬剤をトレーの中に入れます。

7.歯に装着

ぴったりと歯に装着させるため、唾液などで薬剤が薄まる心配もありません。

8.家での装着

約1週間、家で決められた時間を装着して過ごしていただきます。

9.治療を繰り返す

歯科医院での治療と、家での治療を2ヵ月ほど繰り返します。

10.効果測定

唾液検査で細菌の数などを調べて、減少してリスクが減っている場合は3DS治療は終了となります。

 

【唾液検査について】

口腔内の環境は一人ひとり異なるものです。それを客観的に把握するための検査が唾液検査です。虫歯になりやすかったり、歯周病のリスクがあったり、唾液の分泌量などを知ることができます。

口腔内の傾向を知ることで、虫歯や歯周病に罹患した場合の進行具合や炎症、歯周病菌の種類などを知り、治療計画が立てやすくなったり、予防計画を立てたりすることができます。

 

■3DSをオススメする方

 

・虫歯になる可能性が高い方

・口臭が気になる方

・唾液検査の結果が基準値よりも良くなかった方

・虫歯治療を繰り返してしまっている方

・矯正治療を考えている方

・虫歯の母子感染を防ぎたい方

・しっかりと歯磨きができていない方

 

■虫歯や歯周病を予防するためにできること

 

歯を長く使うには欠かせない考え方として予防歯科があります。

治療のために通う歯科医院ではなく、痛くなる前に虫歯や歯周病予防のために定期的に歯科検診を受けることが大切です。

 

■予防歯科でできること

 

・虫歯予防

虫歯になる原因である歯垢、歯石を取り除くことができます。毎日歯磨きしていても磨き残しが出るので、定期検診で歯科衛生士に専門的な器具で取り除いてもらいましょう。PMTC(歯科衛生士による専門的クリーニング)の場合、歯の表面の汚れを除去したあと、歯質を強くするフッ素を塗布することで、さらに虫歯予防効果が高まります。

 

・歯周病予防

歯周病予防も歯垢や歯石を取り除くことが大切です。歯周病の場合は、とくに歯周ポケットの歯垢が溜まることで炎症がおきやすくなります。定期的にクリーニングし、健康な歯茎を保ちましょう。

 

■PMTCとは

 

歯科医院で歯科衛生士などが専用の薬や器具を使って歯垢・歯石を除去し、汚れを取り除く治療です。Professional Mechanical Tooth Cleaningといい、頭文字を取って「PMTC」といわれています。

 

毎日しっかりと歯磨きしていても、汚れの7割程度しか磨けていないとされ、磨き残された歯垢は歯磨きでは取ることのできない歯石へと変化して、さらに細菌の住処となってしまいます。

磨き残しは歯と歯の間、歯を歯茎の境目、奥歯の奥、歯周ポケットの中、などで多く溜まりやすくなっています。

 

PMTCでは、正しい歯磨き方法や清掃用具の選び方などのブラッシング指導も行います。個人の利き手や生活習慣などの癖で磨き残しやすい箇所などを指摘してもらい、毎日のホームケアを正しい方法でするだけで病気の予防につながります。