一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

口内フローラ

口内フローラ

「口内フローラ」という言葉をご存知でしょうか。 フローラ、と聞くと「腸内フローラ」が思い浮かぶかもしれませんが、それと同じように、口の中にも同じよう善玉菌と悪玉菌のバランスがとれた環境が広がっています。 この数多くの細菌たちのバランスが、口だけではなく体全体の健康にも影響を与えると考えられています。 口内フローラが体に与える影響や、口内フローラをよい状態で保つ方法などを調べてみました。

口内フローラとは?

口の中にすんでいる無数の細菌たちのバランスの取れた環境のことです。口腔内には様々な細菌がすみついており、バランスを保ちながら口の健康を守っています。口は最も外界と接する場所なので、細菌が入りやすい場所にもなっており、体の内部の繊細な場所であるとともに、粘膜を守るために約100億もの細菌が住み着いています。 口内フローラは口や体全体にとって大切なもので、善玉菌と悪玉菌、どちらでもない日和見菌のバランスによって成り立っています。一人ひとり違う細菌の種類、細菌の数、バランスで成り立っており、生活習慣や歯磨きの習慣などにも影響されています。 生まれたばかりの赤ん坊にも細菌がおり、バランスのとれた細菌との共存は欠かせないものになっています。

善玉菌と悪玉菌の割合はどのくらい?

理想的な割合は9割の善玉菌と1割の悪玉菌が良い、といわれています。 しかし、口は外界から日常的に細菌が入ってきて、影響を受けやすい場所です。そのため、口内フローラのバランスも変わりやすくなっています。 また、口腔内の機能である飲食や呼吸などにも影響を受けたり、唾液の環境などにも左右されたりします。 バランスを保つためには、なるべく清潔に保つこと、ストレスなどを受けて悪玉菌が増えないように心がけましょう。

なぜバランスが崩れるの?

歯磨きをしていなかったり不十分だったり、糖分等を断続的に摂り続けることで口腔内が酸性に傾きっぱなしだと、歯垢が溜まり悪玉菌が増えてバランスが崩れてしまいます。 また、唾液の量も関係しています。ストレスや生活環境も唾液の分泌量に影響し、唾液が少ないと悪玉菌が繁殖しやすくなります。

口内フローラが崩れると?

1.虫歯になりやすくなる 2.歯周病になりやすくなる 3.口臭がするようになる 4.全身疾患につながる 口内フローラのバランスが崩れてしまうと、細菌が繁殖して虫歯や歯周病になります。しかしお口の中のトラブルだけにとどまらず、全身に影響があります。

歯原性菌血症とは?

侵入した細菌が血管をつかって全身に運ばれることを菌血症、といいます。 歯原性菌血症とはその菌血症の中でも発生頻度が高いもので、その理由は、口腔内の細菌が血管へと簡単に侵入できるためといわれています。 虫歯や歯周病があったり、口内フローラが崩れて悪玉菌が多かったりする口腔内の場合、菌血症になりやすくなってしまうのです。 私たちは毎日、口腔内の細菌を唾液や食べ物と一緒に飲み込んでおり、悪玉菌が増えてしまうと、細菌が体内まで侵入してきます。胃で殺菌できなかった悪玉菌は腸まで届き、腸内フローラが崩れてしまいます。その結果、体全体の免疫が起き、病気になりやすくなってしまうのです。 特に歯周病菌は歯と歯茎の間で炎症を起こすため、血管に細菌が入りやすくなり、細菌が全身に運ばれてしまいます。歯周病菌は、糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞、認知症、がん、早産、リウマチなどの重大な病気にも関わりがあるので、口腔内だけではなく全身へと悪影響を及ぼしてしまいます。 さらに、血管内の炎症は動脈硬化や心筋梗塞を引き起こし、また炎症を修復するために悪玉コレステロールが集まるため、塊ができて血液の流れを妨げ、血管を詰まらせる原因となるのです。 また、歯周病は血糖値を下げる役割のあるインスリンの効果を出にくくするので、糖尿病を発症させたり悪化させたりします。

口内フローラを保つためには

口内フローラを良い状態で保つためには、口腔内の環境を整えて悪玉菌を増やさないことが大切です。 そのためには、毎日の正しいホームケアが欠かせません。加えて、歯科医院での定期検診やPMTCで歯垢や歯石を定期的に除去するようにしましょう。

1.正しい歯磨き

毎日食事やおやつを食べたり、飲み物を飲んだりするたびに、歯や歯茎、歯周ポケット、歯間には汚れが溜まり、それが歯垢となります。毎日の正しい歯磨きは、細菌の温床である歯垢を取り除くために欠かせません。 正しい持ち方はペンを持つように軽く持つことです。力が強いと、歯や歯茎を傷つけてしまいます。歯磨き粉の量はたっぷりの量で、口全体にいきわたるようにしましょう。うがいは軽く数回にして、歯磨き後の飲食は控えましょう。 個人によって磨き残しのある箇所や癖があります。歯科医院で磨き残している部分の染め出しをしてもらい、そこから磨くようにすると、磨き残しが減ります。歯ブラシの交換は、雑菌の繁殖を防いだり、耐久性の面を考えたりすると、1ヶ月ごとにしましょう。

2.清掃補助用具を使ったケア

歯ブラシだけではなく清掃補助用具を使うと、歯垢をさらに取り除くことができます。歯ブラシ後にデンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシなどを使用しましょう。歯間や奥歯の後ろ、歯周ポケットなどの歯垢を取り除くことができます。 【清掃補助用具を使うメリット】 ・歯垢を取り除く ・歯間や歯と歯周ポケットのケア ・虫歯などの早期発見 ・口臭予防

3.唾液の分泌を促す

口内フローラを保つために唾液がとても重要な役割をしています。唾液の役割として大きなものに殺菌効果があります。唾液の分泌が少なかったり、口を閉じていなかったりする場合、口腔内が乾きやすくなり悪玉菌が多くなってしまいます。