一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

歯茎からの出血

歯茎からの出血

毎日の歯磨きで歯茎から出血していることはありませんか? 強く磨き過ぎたかな、と思って気にしない方もいるかもしれません。 しかし、歯茎からの出血は、歯や歯茎の健康を守るためのSOSの場合があります。 歯茎から出血している場合、どのような病気が考えられるか、その原因や治療法などをご紹介いたします。

歯茎からの出血はなぜ起こるの?

1.歯周病に罹患している

歯周病の症状として歯茎からの出血があげられます。歯周病は歯を失う理由の上位として虫歯と同じくらい、かかりやすい病気ですが、自覚症状がなく出血などの分かりやすい症状が出始めてからは手遅れになる場合もあります。 重度の歯周病の場合には歯が抜け落ちてしまい、歯茎の吸収によって、差し歯やインプラントなどもできなくなってしまう場合もあります。

2.正しい歯磨き方法ではない

強く磨きすぎていたり、使っている歯ブラシが歯茎に対して硬すぎていたり、歯ブラシを交換せずに使っていて歯ブラシの毛が硬化していたりすると、歯茎を傷つけてしまい、出血する場合あります。 歯茎は傷つきやすいので、優しく磨くようにしましょう。

3.体調が悪い

風邪などを引いていたり、睡眠不足やストレスなどで体調が悪かったりすると、歯茎が炎症を起こして、腫れて出血しやすくなることがあります。 体の免疫力が落ちているときに出血しやすくなるので、出血したときにはゆっくり休んで、ストレス発散や睡眠不足解消に努めましょう。

4.その他の病気

口腔内のがんや他の病気で抵抗力が落ちていると、歯茎から出血しやすくなることがあります。 また、他の病気の治療薬として服用しているものに、血液を固まりにくくする作用のものがある場合も、少しの傷でも血が止まりにくい場合があります。

歯茎からの出血は歯周病かも

歯茎からの出血が歯周病のサインだった場合、正しく治療をしないと歯を失ってしまうことがあります。しっかりと、治療法や予防方法を知ることで、自分の歯を大切に少しでも長く使えるようにしましょう。

歯周病とは?

歯周病は歯を支える歯茎や顎の骨が細菌によって破壊されていく病気です。自覚症状があまりなく気が付いたら進行している場合もあり、治療が必要です。適切な治療をしないでいると、歯が抜けてしまうこともあります。 ・歯が抜けてしまう 虫歯と歯周病が歯を失う主な理由です。歯を支えている骨に細菌が入り込むと、歯を支えることができないからです。 ・30歳以降に多くなる 抵抗力が弱くなっていくと歯周ポケットなどに細菌が入りこみやすくなります。 ・初期症状があまりない 歯を失ってしまう病気なのですが、歯周病は症状や治療法などを知る人はあまりいません。

歯周病になる原因

歯周病は取り切れなかった歯垢や歯石に歯周病菌がすみつき、歯茎に炎症を起こす病気です。歯茎だけではなく、顎の骨にまで炎症が進むと、歯をしっかりと支えられなくなり、歯がぐらついて最終的には抜けてしまいます。 さらに、歯周病になる間接的な原因としては、お口の中を乾燥させる口呼吸や、唾液分泌を減少させるストレス、歯に負担のかかる歯ぎしり、血流を悪くする喫煙なども含まれます。

歯周病の症状

下記のような症状がある場合は、歯周病の可能性があるので、歯科医院に行って診察してもらいましょう。 ・歯茎から出血がある ・歯茎がブヨブヨと腫れている ・歯茎が赤くなってきた ・前よりも歯が長くなった気がする(歯茎が下がった) ・歯がグラグラする ・よく隙間に物が詰まるようになった ・口臭がする

歯周病の治療方法

歯周病の治療方法は、プラークコントロールと呼ばれる、歯垢をできるだけ除去し、健康な歯茎を維持することです。 プラークコントロールの方法は大きく分けて2つあります。歯科医院での治療と毎日の家でのケアです。この2つを継続して行うことが大切です。 ・歯科医院での治療法 歯茎の状態を診察し、出血や歯の動揺具合を見ます。歯周ポケットの深さをチェックし、顎の骨の状態を確認するために、レントゲンやCTで検査をします。 歯科医院でも歯垢を取り除く治療法には変わりありませんが、より徹底的に歯垢を取り除き、歯磨きではとれない歯石の除去もします。また、歯周ポケットの中の歯垢や歯石もとりにくいので、プロに任せましょう。 重度の歯周病の場合の治療法は、歯周ポケットの中の歯垢や歯石を取り除くことが難しく、炎症が収まらないので、歯茎を切開して取り除く手術をすることもあります。また、顎の骨の吸収が激しい場合は、失った骨を再生する手術法があります。 ・ホームケア方法 定期的に歯科医院に通院しながらも、毎日のホームケアが大切です。 正しい歯磨き方法や、歯並びや歯茎の状態に合った歯ブラシを使用すること、また、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助清掃用具などを使いましょう。 歯磨き粉も歯周病菌に特化したものなどがありますので、自分の口腔内の状態によって適切なものを選ぶことができます。 洗口液などもあるので継続して使用し、歯垢を溜めないようにしましょう。